昔の舌小帯(ぜつしょうたい)切除

CIMG0731.jpg

ここは静岡県富士市入山瀬にあります昔「母子センター」だったところです。

ここで産婆さんが赤ちゃんを取り上げた時に泣いている赤ちゃんの舌小帯を診て、おっぱいの吸い付きの悪い場合にハサミで切っていたと証言してくれました。

また一昨年、産婦人科医のお子さんの舌小帯切除した際に先生が手術を見学されて、「昔、親父の時代はこうやって切っていたんだよね。」とおっしゃっていました。

今では医師会が舌小帯を切らなくていいとされているために外科医、その他の科の先生方はお子さんの手術の際は立ち会われています。

?

このブログ記事について

このページは、ideshikaが2012年12月 1日 09:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「舌小帯(舌の裏のひも)って何?」です。

次のブログ記事は「赤ちゃんの授乳の際の舌」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。